張迺妙茶師紀念館

張迺妙茶師生於清光緒元年(1875年),於光緒二十一年(1895年)從福建安溪引進鐵觀音茶,在木柵樟湖地區進行 栽培,從此成為台灣唯一的鐵觀音茶的產區。1916年參加台灣勸業共進會初製包種茶品評,榮獲日總督特等金牌賞。
1935年退休,獲得台灣茶葉宣傳協會頒贈表彰之青銅花瓶乙只。

The tea-master Chang Nai-miao, born in the first year Kuang-Xu (1875), Ching Dynasty, first brought tie-kuan-yin tea to be grown in the Zhang-hu area in Mucha during the 21st year (1895) of Kuang-Xu. Since then, the Mucha Plantation became the unique plantation of the best tie-kuan-yin tea. In 1916, the tea-master was awarded the gold medal when he won the Bao-chung Tea Competition. As he retired in 1935, he was awarded a bronze vase as a gift by the Association for the Promotion of Taiwan Tea.

張迺妙茶師は清光緒元年(1875年)に生まれ、光緒21年(1895年)では、福建省の安渓から観音のお茶を導入し、 木柵の樟湖地区で栽培を行っていた。それから台湾唯一の鉄観音茶の生産地になる。民五年(大正5年 1916年) 、張迺妙茶師は、台湾勧業共進会の初製包種茶品評茶会に参加し、日本総督府の特等「金賞」を受賞した。1935年の 退職で、台湾茶葉宣伝協会から表彰の「青銅花瓶」を贈られた。